中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語解説

圧迫面接とは

圧迫面接(あっぱくめんせつ)とは、

面接で受験者に対して、わざと意地悪な質問をして

その対応を評価する面接技法です。


圧迫面接に対して、

腹を立てて面接担当者に声を荒げて反論したり、

あるいは言葉に詰まったり、

反論ができずに黙り込んでしまったりすると、

評価が下がります。

この手法は、特に新卒採用で1994?1995年あたりに

各企業が実施して社会問題化した事がありますが、

面接の名を借りたセクハラ・パワハラという批判もあってか、

現在はそれほど主流ではありません。


以下に圧迫面接の例を挙げます。

「あなたは弊社に向いていないと思いますが。」

「もし不合格になったらどうしますか。」

(わざと難解な専門用語の意味を問いかけ)「そんなことも勉強して来なかったの?」

(趣味を聞いた上で)それのどこが面白いわけ?


転職 面接

スポンサーサイト

用語解説

志望動機書とは

自分自身のやる気・熱意をアピールする為に

「なぜその会社で働きたいのか?」 ということを書面にしたものを指します。

履歴書や職務経歴書とは異なり、

主に二次面接や最終面接で持参することが多いようです。


人事担当者は「仕事に対する目的意識」、「やる気」、「転職理由」等を

そこから判断することができます。


志望動機書の提出は必須ではありませんが、

絶対に入社したいという「熱意」を伝えるのには効果的なツールかもしれませんね

転職 面接
ジョブホッピングとは、技能や賃金の向上を求めて転職を繰り返すこと

米国等の海外においては、

技能や賃金の向上を求めて転職を繰り返す行為は、

労働者側の権利として受容されているが、

終身雇用、年功序列制度が継続した我が国において、

転職を繰り返すという行為には否定的なイメージが付きまといやすく、

社会的に不利な評価を受けることも少なくない。

ただし、近年はその風潮に変化が見られ、

経験や技術を持った即戦力を求めて(教育のコストを省くために)

中途採用や第二新卒のみを対象に求人活動をする企業も存在する


面接 転職
元来はドイツの「職業教育制度」のことで、

その仕組みを取り入れた日本向けの就業支援制度が

日本版デュアルシステム。

対象は概ね35歳以下の無業者または学生で、

まず専門学校等で座学を学び、

その後、現場で実務を経験するというプロセスを経て就職を目指す。

訓練期間は5ヶ月〜2年で、

無業者と認定されれば無料(テキスト代を除く)で支援を受けられる。


面接 転職

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。