中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつ入社できますか?

いつ入社できますか?

面接が最終段階に進むと、

必ず聞かれるのが「いつ入社できるか?」

内定間際になって企業側と自分の希望に差があることがわかり、

不採用になってしまうケース、意外とあります。

また、入社時期について適当に答えたせいで、

不信感を抱かれたり、後々のトラブルにつながることも…

入社時期の伝え方についても事前に準備しておきましょう


面接 転職
スポンサーサイト

いつ入社できますか?

入社日をあらかじめ考えておく

現在、仕事をしていて転職を焦っていない場合、

とにかく転職活動してみて

いい会社が見つかって

うまくいきそうだったら具体的に考えよう

という人も多いでしょう。

けれど、やはり事前に大まかなスケジュールを立てておくことは大切

「いつ入社できますか?」に対処できません。

求人広告を読む際には、

採用された場合の入社日の見当もつけておくと良いでしょう。

求人広告を読み込めば推測できることもあります。


面接 転職

いつ入社できますか?

募集要項から推測する

企業の短期?中期の事業計画や目標がしっかり立てられていて、

その遂行のために欠かせない人材、

しかも少人数の募集であれば、

早く入社できる人を希望するケースが多いでしょう。

また、

その会社にこれまでもあったはずのポジション

(主力事業のリーダーやマネジャー、専門職など)を

1?2名募集する場合も、

前任者の退職に伴う欠員補充である可能性が高いといえるのではないでしょうか。

こんなときは、

すぐに「入社できます」という志望者が有利です


面接 転職


求人広告や募集要項に、

「前の人が辞める(辞めた)から」なんて、

正直に書く企業はあまりないでしょうから、

そのあたりは推測が必要ですね

「急いで引き継ぎをしなければならない」

「目の前の業務が滞って困る」というケースでは、

経験やスキルよりも

すぐに入社できる人を優先するケースだってあります


面接 転職

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。