中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
似たような質問に
「強みと弱みを聞かせてください」
というのもあります。

長所に関してはあまり困らないでしょう。
応募している企業や職種に対してアピールできる内容なら何でも構いません。

例えば、営業職を志望していれば、

「行動力があります」

「コミュニケーション能力に自信があります」

と端的に答えた後に、
その具体的なエピソードを簡潔に添えることが出来れば完璧です

NEXT
スポンサーサイト
その2

問題なのは、
やはり短所ですね。

当然、本当の弱みは見せるべきではありません。

「致命的ではない短所」+「それを補うために心がけているエピソード」

上記のような対応が無難でしょう。

例えば、
「うっかり忘れてしまうことがある」

と言った後に、

「最近はチェックポイントリストをマメにつけている」

というフォローのエピソードを添えれば問題ないでしょう。


その1へ戻る
さて、これは99%聞かれると思って間違いのない質問です。

職務経歴書にきちんと書いたんだから読めよ!」

などと心の中で突っ込んではいけません


あまり深く考えずに、
自分の経歴を年表のように時系列で正確に語る人がいますが、
それは間違いです。


なぜなら、
冒頭で思わず突っ込みかけた通り、
経歴書を読めば分かるからです。
(もちろん、きちんと読んでいない面接官が多いのも事実ですが


では、面接におけるベストの自己紹介とはいったいどんな方法でしょうか

NEXT


「面接でよく聞かれる質問?」へ

転職面接の質問

面接での質問例?



志望動機について


当社に応募した理由は

当社に対してどんな印象をおもちですか

希望職種に必要な資質は何だと思いますか

希望職種に自分が向いていると思う理由はなんですか

当社に応募するにあたって、だれかに相談しましたか


面接 転職

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。