中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
原則として、

能力や適性に関係のない

「本人に責任のない事項」を質問することは、

公正な採用選考に反します

また、思想、信条、宗教など

「本来、自由であるべき事項」についても同様です。

仮に以下のような項目を聞かれても、

答える必要はありません。


本 籍

家族の職業・家族関係

家族の地位・学歴・収入

家族の資産

住宅状況(部屋数、間取り)

宗 教

支持政党

思想

女性に特定した内容

転職 面接


スポンサーサイト

用語解説

圧迫面接とは

圧迫面接(あっぱくめんせつ)とは、

面接で受験者に対して、わざと意地悪な質問をして

その対応を評価する面接技法です。


圧迫面接に対して、

腹を立てて面接担当者に声を荒げて反論したり、

あるいは言葉に詰まったり、

反論ができずに黙り込んでしまったりすると、

評価が下がります。

この手法は、特に新卒採用で1994?1995年あたりに

各企業が実施して社会問題化した事がありますが、

面接の名を借りたセクハラ・パワハラという批判もあってか、

現在はそれほど主流ではありません。


以下に圧迫面接の例を挙げます。

「あなたは弊社に向いていないと思いますが。」

「もし不合格になったらどうしますか。」

(わざと難解な専門用語の意味を問いかけ)「そんなことも勉強して来なかったの?」

(趣味を聞いた上で)それのどこが面白いわけ?


転職 面接

それは、

リクルートエージェントという企業です。

1977年に設立のリクルートグループの会社で、

最近はテレビCMでも見かけます。

売上は業界全体の30%を占めていて、

扱っている企業数も最大です。



よく聞く評判としては、

キャリアアドバイザーの質がいい(能力が高い)

紹介される求人数が多い



これは私の実体験ですが、

他社に比べて、とにかく圧倒的な数の求人を紹介していただきました。

その結果、

気がつくといつの間にかこの会社経由の面接が増えていて、

結局、最後に自分が就業先に選んだ企業も

リクルートエージェントに紹介してもらったところになりました。



下記のリンクからキャリアカウンセリングに申し込めます

リクルートエージェント

-『転職サービス支援エントリー』画面へリンクします-




「人材紹介会社(転職エージェント)とは」に戻る


転職 面接


人材紹介会社の売上高上位10社のうち、

私は4社に登録していました。



そのうちの2社は最初に10件ほど求人を紹介していただいて、

それっきり。

それ以降のフォローは特にありませんでした。

おそらく、1人あたりのキャリアカウンセラーが抱える求人者数が、

会社の規模によって違うからでしょう。

(つまり、小さいほど1人に対する負担が大きい)



結局、業界上位2社だけが、

最後まで丁寧にフォローと紹介を続けてくれました。


以下はあくまで私の個人的な意見ですが、

求人者数と企業数が多ければ多いほど、

お互いがマッチングする可能性も高まるので、

規模の小さい人材紹介会社はつらいものがあるのかもしれません。


人材紹介業で最も規模の大きい会社

転職 面接

企業のメリット


求人広告費や人事担当の費用・労力などが削減できる

希望に沿ったピンポイントの採用ができる

競業他社に対し秘密裏に求人が可能である


求職者のメリット

自分の希望に沿った転職先を紹介してもらえる

キャリアパスをカウンセラーに相談できる

面談の日時設定や年収交渉など手間のかかる作業を代行してもらえる

求人広告に掲載されていない企業の情報も得られる


私が実際に利用した転職エージェント

転職 面接


私は転職エージェントを利用して転職しました。

人材紹介会社、人材バンクと呼ばれることもあります。

では、転職エージェントとはいったいどんなものでしょうか?




企業が欲しがる人材を手配するという点では、

派遣業者や請負業者と類似する点があるものの、

事業者と労働者の間に雇用契約が存在していません。

つまり、ただ単に紹介するだけです。



求職者側はエージェントへの登録や情報の利用を無料で行えます。

雇用者側は、紹介された求職者を面接して雇用し、

採用後一定期間(数ヶ月?半年程度)が経過しても、

その採用者(転職希望者)が在籍し続けている場合に、

エージェントに対して報酬を支払います。

報酬の相場は、雇用する求職者の年収の1?3割が相場です。


転職エージェントを利用するメリット
ベストの自己紹介方法。

それは、面接官の立場になって考えてみれば自明です。


つまり、その企業が募集している職種や業界との親和性が高いと相手に感じさせることが出来れば良いのです。


自分自身にとっては大切な経歴でも、
その企業にとってはあまり価値がないと推測できれば、
その部分を大胆にカットします


そして、代わりに、
これまでの自分の経験のなかで活かせそうなポイントを、
具体的なエピソードを交えながら語ります。


そこで興味を持ってもらえたら、
面接官はグイグイ質問してきてくれます。


そうなればシメタもの


つまり、あなたの自己紹介を聞いたことで、
面接官があなたという人間に興味、関心をより深く持った証拠です


面接でよく聞かれる質問?「自己紹介をしてください」

さて、これは99%聞かれると思って間違いのない質問です。

職務経歴書にきちんと書いたんだから読めよ!」

などと心の中で突っ込んではいけません


あまり深く考えずに、
自分の経歴を年表のように時系列で正確に語る人がいますが、
それは間違いです。


なぜなら、
冒頭で思わず突っ込みかけた通り、
経歴書を読めば分かるからです。
(もちろん、きちんと読んでいない面接官が多いのも事実ですが


では、面接におけるベストの自己紹介とはいったいどんな方法でしょうか

NEXT


「面接でよく聞かれる質問?」へ
その2

問題なのは、
やはり短所ですね。

当然、本当の弱みは見せるべきではありません。

「致命的ではない短所」+「それを補うために心がけているエピソード」

上記のような対応が無難でしょう。

例えば、
「うっかり忘れてしまうことがある」

と言った後に、

「最近はチェックポイントリストをマメにつけている」

というフォローのエピソードを添えれば問題ないでしょう。


その1へ戻る
似たような質問に
「強みと弱みを聞かせてください」
というのもあります。

長所に関してはあまり困らないでしょう。
応募している企業や職種に対してアピールできる内容なら何でも構いません。

例えば、営業職を志望していれば、

「行動力があります」

「コミュニケーション能力に自信があります」

と端的に答えた後に、
その具体的なエピソードを簡潔に添えることが出来れば完璧です

NEXT
その3

大切なのは、
最優先事項を意識して発言することではないでしょうか。


最優先事項=面接を突破することです。


事実を正確に伝えることではないし、
自分のことをありのままに知ってもらうことでもありません。

もちろん、経歴を詐称してはいけませんが、
相手の面接官に思わず「獲得したい」と思わせるような、
発言ができるとベストですよね

その1に戻る


転職 面接

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。