中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
試行雇用奨励金(トライアル雇用)とは、

仕事を見つけることが困難な求職者や、

労働者を確保することが困難な事業主の方を支援するために、

国が設けた制度。

職業経験、技能、知識などから就職が困難な特定の求職者を

一定期間試行雇用することにより、

その適正や業務遂行可能性を見極め、

求職者と求人者の相互理解を促進し、

早期就職の実現や雇用機会の創出を図ることを目的としています。


面接 転職
スポンサーサイト
元来はドイツの「職業教育制度」のことで、

その仕組みを取り入れた日本向けの就業支援制度が

日本版デュアルシステム。

対象は概ね35歳以下の無業者または学生で、

まず専門学校等で座学を学び、

その後、現場で実務を経験するというプロセスを経て就職を目指す。

訓練期間は5ヶ月〜2年で、

無業者と認定されれば無料(テキスト代を除く)で支援を受けられる。


面接 転職
ジョブホッピングとは、技能や賃金の向上を求めて転職を繰り返すこと

米国等の海外においては、

技能や賃金の向上を求めて転職を繰り返す行為は、

労働者側の権利として受容されているが、

終身雇用、年功序列制度が継続した我が国において、

転職を繰り返すという行為には否定的なイメージが付きまといやすく、

社会的に不利な評価を受けることも少なくない。

ただし、近年はその風潮に変化が見られ、

経験や技術を持った即戦力を求めて(教育のコストを省くために)

中途採用や第二新卒のみを対象に求人活動をする企業も存在する


面接 転職

いつ入社できますか?

入社時期 こんな質問をされたら

「来週中に来てくれないか?」


在職中の人はさすがに不可能ですよね。

「引き継ぎだけはきちんと終わらせたい」と、

現在の仕事への責任感をアピールしつつ交渉しましょう。

勢いで「わかりました」なんて言ってしまうと、

慌ただしく辞めることになり同僚に迷惑をかけてしまいます。

引き継ぎが終わらなければ、

結局は入社日を延ばす結果となり、

最悪の場合は内定が取り消される恐れもあります。

従ってこんなケースでは、

慎重に交渉してください


面接 転職

あなたが失業中であれば問題ありませんが、

在職者の場合、

熱意を伝えたいがために「すぐに入社できます!」と答えると、

逆効果になることも考えられます。

なぜなら面接担当者に、

「この人は重要な仕事を任されていないのだろうか?」

「今の会社の人への迷惑を顧みない人なのだろうか」という

印象を与えることになる可能性があるからです。

面接 転職

いつ入社できますか?

入社時期の伝え方

さて、答え方ですが

「業務の引き継ぎに○日間ほど見ておきたいので、

○カ月後には入社できると思います」と正直に伝えてOKです。

今の会社や仕事に対する責任感を見せることで、

印象アップにもつながります。

「休日を返上してでも、

残務処理や引き継ぎを早く済ませられるようにがんばります」

といった決意を伝えるのもいいでしょう。

一刻も早い入社を望まれていると感じたら、

「たまっていた有給休暇も消化して、少しのんびりして」という考えは

捨てた方が良いかもしれませんね

転職関連ニュース

転職が珍しくない時代

日本人材紹介事業協会(人材協、東京都港区)が2007年に発表した資料によると、

若者(25歳以下)のホワイトカラー転職者が対前年比で180%だったそうです。

IT系等の新しい業種・企業では社員のほとんどが転職者だし、

それ(転職)が当たり前の社会に日本は変わっていく途上にあるのでしょう。

ずっと同じ会社にいるよりも手っ取り早く収入UPが可能なので、

転職に追い風が吹いている昨今の情勢は大歓迎です


面接 転職

いつ入社できますか?

いつごろ入社できるか考えてみる

入社日が合わないせいで不採用になる可能性を考えると、

できるかぎり転職先の希望に合わせたいところです。

けれども、無理をしては後々トラブルを引き起こすことになります。

内定を得てすぐに今の会社に退職意思を告げたとしても、

実際に退職するまで最低1カ月は見ておいたほうがいいでしょう。

業務の引き継ぎの内容によっては2カ月要することもあり得ます。

また、あなたが在籍しているのが大手企業である場合、

課長?部長?人事部といったように何重もの承諾を経るわけですから、

予想外に時間がかかることも考えられます。

これらの要素をよく考えて回答するのは、

とても難しいのでやはり事前の準備が大切なのです


面接 転職

「将来を見すえ、人材を育てていきたい」という場合は

入社日はある程度転職者の都合に合わせてもらえる可能性が高いといえます。

企業の都合を優先したほうが有利なケース、

入社時期はそれほど関係がない(選考の要素にはならない)ケース、

上記のどちらのパターンなのか、

そうした企業側の事情も考慮しつつ

「自分はいつ入社できるのか?」をあらかじめ明確にしておきましょう


面接 転職

求人広告や募集要項に、

「前の人が辞める(辞めた)から」なんて、

正直に書く企業はあまりないでしょうから、

そのあたりは推測が必要ですね

「急いで引き継ぎをしなければならない」

「目の前の業務が滞って困る」というケースでは、

経験やスキルよりも

すぐに入社できる人を優先するケースだってあります


面接 転職

いつ入社できますか?

募集要項から推測する

企業の短期?中期の事業計画や目標がしっかり立てられていて、

その遂行のために欠かせない人材、

しかも少人数の募集であれば、

早く入社できる人を希望するケースが多いでしょう。

また、

その会社にこれまでもあったはずのポジション

(主力事業のリーダーやマネジャー、専門職など)を

1?2名募集する場合も、

前任者の退職に伴う欠員補充である可能性が高いといえるのではないでしょうか。

こんなときは、

すぐに「入社できます」という志望者が有利です


面接 転職


いつ入社できますか?

入社日をあらかじめ考えておく

現在、仕事をしていて転職を焦っていない場合、

とにかく転職活動してみて

いい会社が見つかって

うまくいきそうだったら具体的に考えよう

という人も多いでしょう。

けれど、やはり事前に大まかなスケジュールを立てておくことは大切

「いつ入社できますか?」に対処できません。

求人広告を読む際には、

採用された場合の入社日の見当もつけておくと良いでしょう。

求人広告を読み込めば推測できることもあります。


面接 転職

いつ入社できますか?

いつ入社できますか?

面接が最終段階に進むと、

必ず聞かれるのが「いつ入社できるか?」

内定間際になって企業側と自分の希望に差があることがわかり、

不採用になってしまうケース、意外とあります。

また、入社時期について適当に答えたせいで、

不信感を抱かれたり、後々のトラブルにつながることも…

入社時期の伝え方についても事前に準備しておきましょう


面接 転職

転職意欲をキープする!

小さな目標を立てて順番にクリアしていく

転職という大きな目標を達成するまでには、

まず小さな目標をいくつも越えなければなりません。

転職エージェントに登録する、

希望する会社のホームページを見るなど、

すぐにできそうな小さな目標をたくさん立てちょっとずつ確実にクリアしていきましょう

心理学ではこれをスモールステップスの法則といいます。

人は成果が上がらなければ意欲を持続しにくいもの。

簡単にできそうなハードルの低い行動をできるだけ細かく設定し、

それを紙に書いて塗りつぶすなどして目で見てわかるようにしましょう。

その際に注意すべきなのは、

行動の結果ではなく行動すること自体を目標とすること。

プロセスが正しければきっと結果はついてきますよ

面接 転職

転職意欲をキープする!

複数の会社を同時進行で受ける

1社ずつ転職活動を進めていたのでは時間も長引くし、

希望企業に落ちたときのショックも大きい。

希望企業を複数決めて応募し、

常にどこかの企業の結果待ちである状態がベストです。

あまりに多忙すぎて同時進行が難しい場合は、

短期決戦に持ち込まず、

半年、1年単位で、じっくり焦らず転職活動を進めて行きましょう。

どちらの場合も、不採用通知を受け取ったときは絶対に落ち込まないこと

「自分が否定された」と思うのではなく、

ほかの人が選ばれただけと軽く流してください。

面接 転職
福利厚生や年収に対する質問には注意しましょう

残業、休日、年収…気になるのは当然なのですが、

聞き方によっては仕事に対する考えや姿勢を疑われてしまうことも少なくありません。

マイナス印象を与えがちなのは主に

理由無く拒絶/固執している

職務内容よりも待遇面が判断基準になっている

このように見えてしまう内容。

注意しましょう


面接 転職
YES/NOで答えられる質問は避けましょう

面接官がひとことで答えて終わってしまうような「YES/NO」だけを聞くような形式は、

コミュニケーションのうえでもあまり好ましくありません。

「何を・どのように」といった具体化ができないか?

ということを意識してみるとよいでしょう。

例えば「●●に携わることはできますか?」

「●●に携わりたいのですが、どのようなスキルや資質が必要でしょうか?」

といった言い換えテクニックも意識すると良いでしょう。


面接 転職
面接官によって、聞く質問を分けましょう

面接官がどのような役職・立場かによって、

見ているポイント、質問すべき内容は異なるものです。

人事担当者であれば人間性や意欲、会社との相性、

現場の社員であれば経験やスキル、または職場の空気とフィットするか…など、

それぞれが評価するポイントを想定し、準備しておきましょう。

面接 転職
5つくらいは、面接前に準備しておきましょう

準備してきた質問が面接中のやりとりの中で回答を得てしまうことも考えられます。

質問はできるだけ多めに準備しておきましょう。

また、募集要項にすでに書かれていることや

面接官がすでに話したことを聞いてしまうなど

ケアレスミスにも注意しましょう

面接 転職

転職面接の質問

面接官への逆質問

ひと通り面接官からの質問を受けたあと、

最後に聞かれる「なにか質問はありますか?」の問いかけ。

これに対して「特に何もありません」では、あまりにもったいない話。

この質問は、その企業への興味・関心の強さを示すチャンスです

事前にポイントを整理し、最後のアピールタイムを有効活用しましょう。


面接 転職
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。