中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職のテクニック

面接の準備について

まずはホームページや募集要項から情報収集しましょう。

企業理念・事業内容・どんな方法で事業拡大しているかを確認することが重要

また、人材紹介会社に登録していれば、

アドバイザーやその企業の担当営業に聞いて、

企業の社風や近況情報を仕入れておくことも可能なので積極的に活用しましょう


面接 転職
スポンサーサイト
選考に必要な書類をデータで送るケースが主流になっているので、

ワードかエクセルのデータで作っておくのがベストです。

複数企業に送る場合においても、

志望動機やPRポイントなどを書き直す必要が出てくるので、

データで書類を作ったほうが応募者にとっても便利と言えます


面接 転職
転職活動の場合も新卒と同じように、

複数の企業に応募することが多いため、

辞退するケースもあります。

よくある事なので、

なるべく早めに企業側にその旨を伝えて、

理由を説明しお詫びすればOKです

人材紹介会社を通して応募している場合は、

アドバイザーに辞退を伝えるだけで済むので気が楽です。

面接 転職
意外と盲点ですが、

以前に不採用となった人でも、

実はほとんどの企業は再び応募する事ができます。

理由としては、

企業側の求める人材や採用条件が変化する

面接担当が違えば合格するケースがある

不採用者を企業が把握していない(不採用者のDBがない等)

ただ、企業によっては、

再応募まで1年以上経っていること等の条件を設けている場合もあるので注意です


面接 転職

転職のテクニック

転職活動に適した時期?

2月?3月

年度末の追い込みの時期。

人事のミッションは計画に沿って採用を進めていくことなので、

社員の採用が1年間の予定枠に達していない場合には、

焦って一気に採用を行うこともあります。

案外と狙い目な時期かもしれません。。。


面接 転職

転職面接のポイント

転職活動に適した時期?

10月前後

上半期の実績を基に下期計画を見直す時期。

人材戦略においても、

社員の動向や新しい戦力の採用について見直しをはかる。

企業の採用意欲が高まり、

新しい求人が出やすい時期といえます。


面接 転職

転職のテクニック

転職活動に適した時期?

5月?7月

新卒採用が落ち着き始めたころから、

中途採用が開始されることが多い。

特に人気の職種の場合は、

上半期にすべての採用が終わってしまうこともあるので、

このタイミングでの応募がとても重要です。


面接 転職

用語解説

企画営業とは

転職面接に役立つ用語


募集要項でよく見かけるこの言葉。

企画営業とは、

営業職の中でも企画や提案の要素が強い仕事を指す。

しかし、企画や提案はもともと営業という仕事に付随しているため、

言ってしまえば、すべての営業は企画営業である。

企画営業とは誰かが定めるのではなく、

営業自身がそれに相応しい行動していくことで決まってくるのかもしれない。


面接 転職

用語解説

管理会計とは

転職面接に役立つ用語


管理会計とは、

会社の経営者や管理者に対して、

業績管理、業績向上のための会計情報を提供する会計業務。

内部報告会計とも。

会計情報の範囲としては、予算管理、原価管理、損益分岐点分析などが一般的。

つまり、経営者の経営管理に役立つ会計。


面接 転職

用語解説

営業事務とは

転職面接に役立つ用語

営業事務とは、

営業に関連する事務業務全般を行う仕事。

具体的には受発注対応、見積書や請求書作成、売上管理、問い合わせ対応など。

電話やメールによる顧客対応も行うケースもある。


面接 転職
転職面接に役立つ用語

営業アシスタントとは、

営業のサポートし、働きやすい環境を作る仕事。

具体的には、顧客からの問い合わせに対応したり、

受発注業務を担当したり、提案資料の作成アシストなどを行う。

営業個人、または営業チームにつく場合もある。

営業アシスタントに要求されるのは、担当する営業とコミュニケーションを図ること。

お互いの状況を把握しておくことによって顧客に対し的確で臨機応変な対応ができるからだ。


面接 転職

用語解説

インフラとは

転職面接に役立つ用語

インフラストラクチャー(Infrastructure)の略称。

産業や生活の基盤を支える(骨格となる)施設や設備のことを指す。

例えば、道路、鉄道、水道、電気、ガス、通信施設など。

IT業界においてインフラ整備、インフラ構築という場合は、

通信網を作り上げ、管理・運用することを指す。


面接 転職
転職面接に役立つ用語

アウトソーシングとは、

企業が自社の業務や部門を専門業者(あるいは子会社)等の外部に委託すること

つまり、ダウンサイジングしてスリムな体質になることを目的としているわけだ。

もともとのアウトソーシングは、

情報システムに関わる開発、運用、保守の分野で多かった動きだが、

近年では経理や総務、人事といった間接業務の外注化、

あるいは設計や開発、生産、物流業務などの外部委託を含め、

全体的にアウトソーシングと呼ぶようになっている。


面接 転職

用語解説

一般事務とは

転職面接に役立つ用語

よく募集要項の職種区分等で見かける言葉ですが、

一般事務とは伝票整理やファイリング、データ入力、文書作成

あるいは電話応対、訪問者への接客対応などを行い部門内をサポートする仕事

どの業界のどの企業にも必ず必要な職種です。

外部との接触機会もあるのできちんとしたビジネスマナーを求められることも


面接 転職
就職活動において、

大企業や一部の中堅企業が独自に作成した応募用紙のこと。

「ES」と略される事もある。

ESは主に一次選考として応募者の選別に使われる。

ESの内容は、

氏名

連絡先

出身学校名(中途採用の場合はこれに加えて職歴)

にプラスして、

志望動機や自己PRに関連した設問がある。

面接 転職

用語解説

失業保険とは

正式には雇用保険。

従業員を雇用する事業者には加入が義務づけられています。

ちなみに、失業保険という言葉は行政では既に使われていません。

雇失業手当だけを考えると失業保険の方がしっくりくるのですが、

この保険には他の役割もあり、

雇用に関する総合的な役割を持つことから雇用保険と名づけられています。


面接 転職
ハローワークとは公共職業安定所の愛称。

働き口を探す人に仕事をあっせん・仲介するための、

事業者にとっては労働者に向けて求人を公告するための公的な機関。

求人の内容が書かれた求人票が、

昔はバインダー式のファイルに納められていたが、

最近ではオンライン接続されたタッチパネル式のパソコンから検索できるようになっている。

求人票を閲覧するためには事前に登録を済ませておく必要があるが、

仕事に就いている人でも登録・利用はできる。

しかし苦情があった求人でも、

会社が事実を認めなければ再び求人を掲載出来てしまう。

法的に企業からの求人掲載を拒否できる権限がないので、

ハローワークの求人は、ブラック求人の巣窟とも呼ばれているので注意


面接 転職
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。