中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語解説

志望動機とは

就職活動、転職活動において、その企業への入社を目指した理由。

企業はその志望動機によって、自社に相応しい人材かそうでないかを判断するため、

面接などで志望動機を言う際には、

分かりやすく簡潔な言葉で的を得た内容を伝えることが重要。

自分の入社にかける熱意を伝えることも大切だろう。

何より志望動機は、自分の言葉で伝えることが大切だ。

面接 転職
スポンサーサイト
事業やサービスを実行するにあたってどのようなシステムが必要か、

最適かを検討し、システムの計画から導入までを取りまとめていく仕事。

具合的には、システムを利用する社内の関連部署の業務やシステムニーズを把握し、

実際にシステム設計・構築を行う開発会社を選定し、

構築するシステム全体の要望を伝えていく。システム企画は、

品質管理や予算管理、納期などのコントロールの他、導入後の安定稼動までに責任を持つ。

面接 転職
社内の情報システム環境について、

独立した立場から点検・検証を行い、

情報システム環境の在り方として理想的な運営状態を維持できるよう継続的な監視、

フォローアップを行っていくことをいう。

システム監査は会計監査とは異なり法的規制のない任意監査だが、

ビジネスのコアに情報システムが大きく関わるようになったために

必要不可欠な監査と言われるようになってきた。

システム監査の最も重要な点は独立性。

最近では社内の監査組織だけでなく社外コンサルタントを交えた

システム環境の最適化を促進する流れが出ている。

面接 転職
コンピュータシステムの分析・設計を行う技術者。

コンピュータの使用目的に合ったシステムを構築するため、

クライアントの業務分析を行い、効率的なシステムの設計に基づいた仕様書を作成する。

システムエンジニアは、基本的にはシステム構築の実装は行なわない。

プログラミングの実装を行うプログラマに指示書を出し、設計・構築の管理を行うのが

システムエンジニアの業務となる。

面接 転職

用語解説

財務諸表とは

企業が一定期間における経営成績、及び一定時点における財政状況などを報告するために、

会計帳簿に基づいて作成する計算書類のこと。

株主、債権者、税務当局などの利害関係者に報告するためのもので、

財務諸表は貸借対照表、損益計算書、利益金処分計算書、付属明細表などからなる。

よくPL/BSと言われるが、簡単にいうと損益計算書/PL(profit and loss statement)は

売上や利益がどのくらいか分かり、

貸借対照表/BS(balance sheet)は、借金や保有資産などが分かる。

面接 転職

用語解説

財務会計とは

企業の事業活動を、計数の観点からルールに従って仕訳記帳し、

年度の事業活動の結果として、経営成績や財務状況を財務諸表に集約する一連の活動をいう。

貸借対照表や損益計算書といった企業の業績を表す財務データを作成し、

株主、取引先、国などの利害関係者にディスクローズしていく。

財務会計は、あくまでの外部の利害関係者に報告することを目的としている。

会社の経営者や管理者、もしくは社員の意思決定や業績向上のために

有用な会計情報を提供する管理会計とは異なる。

面接 転職

用語解説

財務とは

企業の財政状況の把握、資金繰りといった財政上の業務を行う仕事。

企業が成長を続けていくための経営計画に基づき、

未来の事業活動に必要な資金を直接金融、間接金融によって調達し、運用していく。

財務部門の基本機能は、大きく3つに大別できる。

一つは企業の財務戦略の立案と実行。

二つ目は、企業内の金銭資産管理。

三つ目は、資金の調達と運用である。

面接 転職

用語解説

サーバとは

サーバとは、ネットワーク上で他のコンピュータに対し、

何らかの機能を提供するコンピュータ、またはソフトウェアのこと。

サーバの提供する機能を利用するコンピュータ、

またはソフトウェアを「クライアントサーバ」といい、

例えばWebサーバは、ホームページ情報を保存し、

要求があるとユーザーのコンピュータにデータを送信する。インターネット関連としては、

メールサーバ、DNSサーバ、FTPサーバなどがある。

面接 転職

用語解説

採用とは

採用とは、企業や団体などが人材を雇い入れることをいう。

その人材採用を大別すると、

新卒採用と社会人採用(キャリア採用、中途採用ともいう)がある。

新卒採用は、学校を卒業した業務未経験者を対象とした採用で、

社会人採用は、業界経験や職種経験などを持つ人材の採用。

企業が即戦力を必要とする場合に行われる。また採用手段としては、

企業や団体が求人誌等の媒体で直接求人を呼びかけることもあれば、

転職エージェントを利用し求職者を採用する手法などもある。

面接 転職

用語解説

債権管理とは

債権管理とは、融資した資金などの債権をスムーズに回収できるよう管理する業務。

金銭を貸した側が、借り手に対して金銭の返還を請求する権利を債権といい、

その管理業務を債券管理という。

債権管理においては「債券管理回収業に関する特別措置法(いわゆるサービサー法)」が定められ、金融機関等の債権者から委託を受け、

債権の管理回収を行う民間業者、

いわゆるサービサーが債権の管理回収に関わる様々なサービスを総合的に行えるようになっている。

面接 転職

用語解説

極秘求人とは

極秘求人とは、企業が求人情報を一般公開せずに、

人材紹介会社などの特定機関を通してのみ非公開で行う求人活動をいう。

企業が極秘求人を行う理由には、新規事業への取り組みをライバル企業に知られたくない、

株式公開を控えているためなど、様々な理由がある。

また、一般公開してしまうと応募が殺到し、

人事部門が対応できなくなるなどの理由から極秘求人を行う企業もある。

面接 転職
コーポレートファイナンスとは、

顧客企業の経営戦略や財務戦略に関わる様々な問題に対し、

アドバイスをすると共に、最先端の金融技術を駆使してソリューションを提供する業務。

コーポレートファイナンスの主な手法としては、

各種資産の流動化、証券化ストラクチャーの構築、

シンジケートローンの組成、海外プラント建設におけるプロジェクトファイナンス、

M&Aアレンジ、デリバティブ商品の導入などがある。

面接 転職
コンポーネントとは、

機械などの構成部分や組み合わせの単位を指す言葉で、

IT用語としては何らかの機能を持ったプログラム部品のことをいう。

プログラムだけではなく、ハードウェアや組織の一部を表現するのに用いられることもある。

ソフトウェアコンポーネントは、それぞれが特定の機能を持ち、

他のプログラムと組み合わせて機能を果たす。

Javaなどのオブジェクト指向言語が普及したことにより、

コンポーネントを組み合わせることでソフトウェア開発が進みやすくなっている。

面接 転職
コンプライアンスとは、法令や企業倫理を遵守すること。

また法令違反や不祥事などのリスクを回避し、

マイナス影響をどう是正するかあらかじめ明確にしルール化しておくこと。

コンプライアンスの元々の意味は「願望・要請・需要等にかなうこと」で、

法令等遵守に限られず、社会の信頼に応えることも含め用いられるようになってきている。

企業が一旦不祥事を起こすとそのダメージは大きく、

売上悪化はもちろん会社存続の危機的状況を招きかねないため、

コンプライアンス担当や法務部を設置し、社員教育などの具体策を行う企業が増えている。

面接 転職
転職面接に役立つ用語

コンサルタントとは、顧客が抱える課題を聞き、

その解決策や解決の手法を提示・助言する専門家。

コンサルタントには、得意分野ごとに専門性があり、

コンサルティング会社にもそれぞれ特色がある。

例えば経営戦略系コンサルティング会社は、

顧客企業の経営や事業課題を解決するためのコンサル業務を行う。

その他コンサルティングには、財務会計系コンサル、

人事組織系コンサル、ITコンサル、マーケティング系コンサルなどがある。

いずれも顧客のブレーンとして、必要不可欠な存在になっている。

面接 転職

用語解説

個別面談とは

転職面接に役立つ用語

個別面談とは、転職希望者とキャリアアドバイザーが1対1で“転職相談”を行うこと。

企業面接とは異なり、転職希望者に対して適合する求人情報を提供するだけでなく、

転職に際する不安などにも的確なアドバイスを行う。

また、人材が所有するキャリアの市場価値や年収相場など、

客観的評価情報も提供しながら最適な転職を実現するためのアドバイスも行う。

個別面談は業界や職種、求人事情に熟知したキャリアアドバイザーが

転職支援のため無料で提供するサービス。ひとりの転職活動では得られない情報と

安心感を提供することができる。

面接 転職
転職面接に役立つ用語

個人向け営業とは、リテールセールスとも言われる個人顧客に対して営業活動を行っていく仕事。

金融、生保、損保、住宅、自動車など、個人向け営業が活躍する業種・業態は実に幅広い。

個人向け営業は、その言葉の通り個人顧客と深く接する。

そのため生涯を通しおつき合いを続ける関係を構築する場合も多い。

例えばライフプランナーや資産運用プランナーなどは、

顧客のプライベート情報を共有し、最適なアドバイスをしていく。

なにより信頼関係が大切なため、人間的な魅力や誠実さも生かしていける仕事といえる。

面接 転職

用語解説

広報とは

転職面接に役立つ用語

広報とは、Public- Relations(PR)とも表現し、

企業や商品、サービスなどの価値を広く一般消費者や企業、

関係各所に知らせるために活動すること。

自社で広告枠を買って展開する広告と違い、パブリシティなど、

企業や商品をメディアに取り上げてもらうための働きかけを行う。

広報には、企業の外部に向けた活動を行う社外広報がある一方、

社内の従業員に対する情報共有を業務とする社内広報もある。社内広報は、

社内報の作成やイントラネットによる情報発信などを通して、

社内のコミュニケーションを活性化させる。

面接 転職

用語解説

広告宣伝とは

転職面接に役立つ用語

広告宣伝とは、

テレビ・新聞・ラジオ・雑誌・インターネット等の媒体の広告枠を買い取り、

制作した広告物を掲載、放映することによって製品やサービスのPRを行う活動のこと。

広告宣伝は、媒体予算や広告制作予算にそれなりの費用を投じるプロモーション活動になる。

そのため、効果的な媒体計画(メディアミックス)と適した広告内容、

そして広告のクオリティが大切になってくる。広告宣伝を実施後は、

その効果測定なども実施し、次の広告宣伝活動に生かしていく。

面接 転職

用語解説

広告業界とは

転職面接に役立つ用語

広告業界とは、テレビ、新聞、雑誌、ラジオ、インターネット、

その他看板やPOPなどの各種広告媒体の企画・制作などに携わる業界企業をいう。

広告代理店や広告制作会社、

そして広くは印刷関連の業務を行う企業なども広告業界に含まれる。

広告の自主規制機関である日本広告審査機構(JARO)、

広告を通し社会と公共の福祉に貢献する非営利団体、公共広告機構(AC)があり、

両者は共に広告主、媒体社広告代理店を主体とする会員から構成されている。

面接 転職

用語解説

公開引受とは

転職面接に役立つ用語

公開引受とは、

株式公開を目指す企業に対して、

公開までのコンサルティングを行っていく業務です。

主には、公開企業から発行された証券を全て買い取り、

投資家に対して販売していく。引受業務ができるのは、

大蔵大臣から引受免許を受けた証券会社に限られる。

中心となる主幹事と、複数の金融機関によって、公開引受業は遂行されていく。

面接 転職

用語解説

公開求人とは

転職面接に役立つ用語

公開求人とは、新聞や雑誌、インターネットなど公の媒体に企業が求人情報を露出し、

一般に広く求人していることを公開して応募者を募る求人のことです。

公開求人に対するものとしては非公開求人、

または秘密求人と言われるものがあり、

これらは企業が大々的には広報したくない求人のため、

人材紹介会社などを介して対象者のみに求人情報が提供される場合が多いです。

そのため公開求人と違って一般情報網から求人情報を収集することは難しい。

面接 転職
転職面接に役立つ用語

公共施設の整備における調査、企画・立案、助言、設計、管理または検査などの業務に関する

専門的な知識を有し、それを高度に発揮できる知的技術者のこと。

土木や都市計画を専門に、調査・計画・設計・施工管理と幅広く行っている。

近年、公共事業は社会基盤整備などのハード面だけでなく、

環境問題や公共福祉問題、地域の歴史文化の保全・活用などの

ソフト面も重視するようになっています。

面接 転職

用語解説

決算とは

転職面接に役立つ用語

企業が一定期間の収支状況をまとめ、その時点での業績や業務内容を明らかにすることです。

具体的には、経営成績や財務状況を、貸借対照表や損益計算書といった財務諸表にまとめ、

公表します。

月次決算、四半期決算、年次決算などがあり、

1年を締めくくる本決算に基づいて税金の申告も行われます。

面接 転職

用語解説

決済とは

転職面接に役立つ用語

様々な取引によって発生する債権・債務を、

実際にお金の受け渡しを行い終了、解消することを指します。

現金による決済、口座振り込みによる決済、口座引き落としによる決済などなどがあるが、

最近ではインターネットやモバイルを活用した電子決済システムの普及が進んでいる。

決済が完了するまでの間には信用リスク(相手の倒産などによりお金が受け取れなくなってしまう

リスク)と流動性リスク(自分が使いたいタイミングでお金が受け取れず支払いが行えなくなるリスク)

が発生します。

面接 転職

用語解説

経理事務とは

転職面接に役立つ用語

経理事務とは、支払いや残高管理を行う出納業務、

帳簿記録や決算書作成を行う会計業務、その他税金や給与計算などを行う仕事です。

経理事務に役立つ資格として簿記資格があり、会計ソフトを利用する会社が増えているため、

パソコンスキルも必要とされるようになっています。

面接 転職




用語解説

経理とは

転職面接に役立つ用語

企業の経営成績・財政状況を把握するため、お金の流れを管理する仕事。

主に財務会計、管理会計、資金業務が経理の基本的な役割とされます。

財務会計とは、財務諸表を用い株主や金融機関、税務当局などの社外へ情報を公開する業務。

管理会計は利益を向上させ、継続的に成長していくための経営に役立つ情報を提供すること。

資金業務は、金銭資産管理、資金調達・運用、財務戦略の立案と実行などを言います。

その他月次決算・年次決算、そして上場企業の経理には有価証券報告書作成業務も発生します。


面接 転職

用語解説

契約社員とは

転職面接に役立つ用語

契約社員とは、有期で働くことを条件に企業が直接雇用する臨時社員のこと。

例外として、定期的な契約更新により雇用を継続するケースもあり、

またボーナス支給などの待遇がある場合もあります。

契約社員の概念は企業によって異なるため、入社の際には契約期間や条件面の確認が大切です。

面接 転職

用語解説

経営企画とは

転職面接に役立つ用語

経営企画とは、企業の経営戦略の企画・立案・実施を行う業務。

過去の業績の推移、同業他社情報、業界特性、マーケット特性、自社の技術的強み、

顧客志向など世の中の変化などを総合的に評価し、自社の成長のための戦略を立て、

経営計画書として形にしていく。

また、経営計画を実現するために、関連部署に戦略を伝え、

具体的な実施策を講じていくのも経営企画の大切な業務。

面接 転職
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。