中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語解説

人事事務とは

給与計算、社会保険、年末調整等の事務業務を行う他、

人事制度の企画・導入や人材採用などに関連する事務業務を担当する仕事。

また人事事務は、会社によって総務関連業務を行う場合もあり、その業務範囲は非常に幅広い。

面接 転職
スポンサーサイト

用語解説

人事とは

企業の管理部門の中で、人事業務に関するすべての業務を取り扱う仕事。

具体的な業務には人材採用、組織構成の企画・実施、

人材の教育育成・活用、人事制度の企画・構築・導入・見直し、

評価制度・目標管理制度の企画・運用、そして社会保険業務、給与計算などがある。

企業経営の資源は人・物・金と言われるが、人事は人的資源を集め育成し、

社員が本来の力を発揮できる環境を整備する責任を担う。

人事は、すべての業種・業態に必要な業務で、人事の力量が企業経営に影響を与える場合も多い。

面接 転職

用語解説

人材派遣とは

人材派遣会社と派遣スタッフが雇用関係を結び、

派遣先である就業先企業の指揮命令によって業務を行う仕組み。

事務系、技術系などの様々な人材派遣があるが、

近年、新しい形態として新卒派遣、紹介予定派遣なども盛んになっている。

面接 転職

用語解説

人材業界とは

人材派遣や人材紹介、ヘッドハンティングなど、

人の採用に関するサービスを展開する業種をいう。

企業が人件費を抑制するために多様な雇用形態で人材採用を行うようになり、

一方の働く側も転職による流動化が進んでいる。

この両者のニーズを結びつけるのが、派遣・紹介などの人材サービスを行う企業。

人材業界には、幅広い業種・業態の企業から、

幅広い職種の採用需要が寄せられるようになっており、年々右肩上がりの成長を見せている。

面接 転職
人材採用や人材教育、人材アウトソーシングなど、

人材にまつわる様々なサービスをいう。例えば人材派遣や人材紹介、

ヘッドハンティング、人事コンサルティング、教育・研修コンサルティング、

採用代行、業務請負いによる人材活用などのサービスがこれにあたる。

人材関連サービスは企業の採用拡大、雇用形態の多用化、

社員育成強化などよってビジネスが拡大している。

また業務のアウトソーシング化が技術系、事務系のあらゆる業務領域に広がり、

様々なビジネスアイデアによって成長しているサービスといえる。

面接 転職
組織における配置転換のこと。

単なる配置換えではなく、一人ひとりの人材の将来を見通した育成計画を立案し、

それに基づき必要な時期に、必要な職務を計画的に体験させる人事管理上の仕組み。

ジョブ・ローテーションは、職群の異なったところへのローテーション、

同種の職群の中で異なった職務へのローテーション、

あるいは同じ職群でも場所的に異なったところへのローテーションなどがある。

面接 転職

用語解説

事業企画とは

事業企画とは、企業の経営戦略・事業戦略に基づいた事業計画を企画・立案し、

実施にあたっての具体策を立てて関係部署に通達し、

さらに実施に際しての支援などを行う業務。

事業計画に必要な予算だてや人員構成などもこれに含まれる。

事業企画には、既存事業の見直しの他、新規事業に関する業務などもあり、

多くの企業は経営直轄のポジションや、経営企画部門内に置かれることが多い。

事業企画を行うにあたっては、業界特性やマーケット特性への熟知、

さらには数値管理能力も求められる。

経営センスが必要であり、磨ける仕事ともいえる。

面接 転職
ジェネリック医薬品とは、後発医薬品ともよばれる。

新薬の特許が切れた後に発売される、同じ成分で薬価が安い医薬品のこと。

研究開発や臨床試験の費用がかからないため、

ブランド商品と比較し大幅に安価で製造・販売が可能。

近年TVCF等の影響もあり、ジェネリック医薬品の認知度が高まっている。

面接 転職

用語解説

上流工程とは

製品生産やシステムの開発における一連の工程を川の流れに例え、

その初期工程にあたる部分をいう。コンピュータシステムの開発・設計・構築・運用でいえば、

顧客の業務を理解し、経営課題や業務課題を解決するためのシステムを企画し、

要件定義する業務がこの上流工程にあたる。

コンサルタント、ITコンサルタント、上級SEなどの行う業務が、

この上流工程に当たる場合が多い。

面接 転職
新規事業開発とは、既存事業以外の新たな領域で事業を起こすこと、

あるいは新規事業を起こすための準備を行うことをいう。

具体的には、参入する事業分野の市場成長性や競合他社状況を調査・分析し、

自社の優位性、新規参入するメリットなどを明らかにし実際の事業運営に反映させていく。

新規事業開発には、革新的な経営手法、ビジネスアイデア、

ビジネスモデルなどが欠かせないほか、人材や資金調達などの経営資源も併せて必要となる。

面接 転職

用語解説

書類選考とは

書類選考とは、就職・転職を希望する会社に提出した

応募書類(履歴書や職務経歴書、自己PR文など)を、

企業側の人事や関係部署が確認して採用合否を決定する採用プロセスの一過程を指す。

通常、書類選考が企業と人材のはじめての接触になり、

書類選考を通過した場合に次ぎの選考ステップとして面接が行われる。

書類選考は、応募者の業務経験や専門キャリアから「採用に値するか」が判断される。

しかし書類という特性上、表現が簡潔で分かりやすいなど、

文章力やコミュニケーション力の判断材料とすることも多い。

面接 転職

用語解説

事務職とは

文書作成や会計、電話応対など、主に机の上で処理する仕事。

一般事務、営業事務、人事事務、経理事務、総務事務などを総括する言葉で、

事務職の位置付けや業務内容の範囲は、会社や業態などによって異なる。

面接 転職

用語解説

庶務とは

庶務とは、担当部署の業務が円滑に進むよう様々なサポートを行う仕事。

電話対応、書類・伝票管理、備品管理、ファイリング、データ作成などがある。

会社により異なるが、あらゆるサポート業務を任される場合が多く、

一般的に庶務がカバーする業務領域は非常に幅広い。

面接 転職
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。