中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語解説

第二新卒とは

第二新卒とは、社会経験3年目くらいまでの、

経験よりもポテンシャルを期待されている人材をいう。

少子化によって新卒採用が年々厳しくなる中、

企業は新卒者とほぼ同じ層の第二新卒に注目し、採用を活発化させている。

一方の第二新卒側も、就職活動で思うような企業への入社が叶わなかったり、

一旦就職してからはじめて自分のやりたいことが分かったことなどを理由に、

転職活動を始める人たちが増えている。

面接 転職
スポンサーサイト
宅地建物取引主任者とは、

宅地建物取引主任者資格試験に合格し、

不動産取引の2年以上の実務経験を持つなどの要件を認められ、

宅建主任者証(有効期間5年)の交付を受けた人のこと。

土地や建物などの不動産取引を行うために欠かせない不動産の専門職もため、

宅地建物取引主任者の資格所有者は、

不動産の売買・仲介を行う不動産会社や総合不動産会社、

不動産投資顧問会社、信託銀行などに活躍の場がある。

面接 転職

用語解説

退職届とは

退職届とは、

会社に退職を届け出る書類。

通常、自己都合で会社を退職する際には、

退職願いとして提出する。

退職届は、提出者が辞めることによって後任者の抜擢や業務引き継ぎが必要になるため、

退社を希望する日の1カ月前には提出するのがマナーとされている。

そして直属の上司に提出するのがマナーだ。

社員が提出した退職届を会社が拒むことはできないが、

お世話になった会社に対する礼儀と感謝を忘れない対応をしたい。

面接 転職

用語解説

退職交渉とは

退職交渉とは、在職企業に退職する旨を伝え、

了承を得るための交渉全般を指す。

通常退職交渉は退職予定日の1カ月前には会社側に伝えるのがマナーとされている。

まず直属の上司に退職する旨、退職日を伝え、

後任者に対する業務引き継ぎに関する指示などを仰ぐ。

ただ最近は、人材不足を理由に会社側からの引き止めが強くなり、

退職が了承されるまでの交渉に時間がかかるようになっているという。

すでに転職先が決まっているのに退職交渉が進まないと

転職に影響を及ぼしかねないため、早めの退職交渉、

マナーある対応が重要になっている。

面接 転職

用語解説

貸借対照表とは

貸借対照表とは、

企業の一定時点(多くは決算日)における財政状態を表示した会計報告書をいう。

貸借対照表は、企業資金の具体的な運用形態を指す「資産」、

源泉形態を示す「負債」と「資本」からなっている。

企業資金を運用と源泉の2面から把握する計算書のため、

資産合計額と負債・資本合計額は合致する関係にある。

そのためバランス・シート(B/S)とよばれる。

面接 転職
  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。