中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語解説

圧迫面接とは

圧迫面接(あっぱくめんせつ)とは、

面接で受験者に対して、わざと意地悪な質問をして

その対応を評価する面接技法です。


圧迫面接に対して、

腹を立てて面接担当者に声を荒げて反論したり、

あるいは言葉に詰まったり、

反論ができずに黙り込んでしまったりすると、

評価が下がります。

この手法は、特に新卒採用で1994?1995年あたりに

各企業が実施して社会問題化した事がありますが、

面接の名を借りたセクハラ・パワハラという批判もあってか、

現在はそれほど主流ではありません。


以下に圧迫面接の例を挙げます。

「あなたは弊社に向いていないと思いますが。」

「もし不合格になったらどうしますか。」

(わざと難解な専門用語の意味を問いかけ)「そんなことも勉強して来なかったの?」

(趣味を聞いた上で)それのどこが面白いわけ?


転職 面接

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。