中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面接官によって、聞く質問を分けましょう

面接官がどのような役職・立場かによって、

見ているポイント、質問すべき内容は異なるものです。

人事担当者であれば人間性や意欲、会社との相性、

現場の社員であれば経験やスキル、または職場の空気とフィットするか…など、

それぞれが評価するポイントを想定し、準備しておきましょう。

面接 転職
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。