中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
YES/NOで答えられる質問は避けましょう

面接官がひとことで答えて終わってしまうような「YES/NO」だけを聞くような形式は、

コミュニケーションのうえでもあまり好ましくありません。

「何を・どのように」といった具体化ができないか?

ということを意識してみるとよいでしょう。

例えば「●●に携わることはできますか?」

「●●に携わりたいのですが、どのようなスキルや資質が必要でしょうか?」

といった言い換えテクニックも意識すると良いでしょう。


面接 転職
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。