中国転職成功のための転職情報、求人満載 インテリジェンス(英創)
大手企業の求人に直接応募するならDODA

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「将来を見すえ、人材を育てていきたい」という場合は

入社日はある程度転職者の都合に合わせてもらえる可能性が高いといえます。

企業の都合を優先したほうが有利なケース、

入社時期はそれほど関係がない(選考の要素にはならない)ケース、

上記のどちらのパターンなのか、

そうした企業側の事情も考慮しつつ

「自分はいつ入社できるのか?」をあらかじめ明確にしておきましょう


面接 転職

いつ入社できますか?

いつごろ入社できるか考えてみる

入社日が合わないせいで不採用になる可能性を考えると、

できるかぎり転職先の希望に合わせたいところです。

けれども、無理をしては後々トラブルを引き起こすことになります。

内定を得てすぐに今の会社に退職意思を告げたとしても、

実際に退職するまで最低1カ月は見ておいたほうがいいでしょう。

業務の引き継ぎの内容によっては2カ月要することもあり得ます。

また、あなたが在籍しているのが大手企業である場合、

課長?部長?人事部といったように何重もの承諾を経るわけですから、

予想外に時間がかかることも考えられます。

これらの要素をよく考えて回答するのは、

とても難しいのでやはり事前の準備が大切なのです


面接 転職

いつ入社できますか?

入社時期の伝え方

さて、答え方ですが

「業務の引き継ぎに○日間ほど見ておきたいので、

○カ月後には入社できると思います」と正直に伝えてOKです。

今の会社や仕事に対する責任感を見せることで、

印象アップにもつながります。

「休日を返上してでも、

残務処理や引き継ぎを早く済ませられるようにがんばります」

といった決意を伝えるのもいいでしょう。

一刻も早い入社を望まれていると感じたら、

「たまっていた有給休暇も消化して、少しのんびりして」という考えは

捨てた方が良いかもしれませんね
あなたが失業中であれば問題ありませんが、

在職者の場合、

熱意を伝えたいがために「すぐに入社できます!」と答えると、

逆効果になることも考えられます。

なぜなら面接担当者に、

「この人は重要な仕事を任されていないのだろうか?」

「今の会社の人への迷惑を顧みない人なのだろうか」という

印象を与えることになる可能性があるからです。

面接 転職

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。